手足冷たい!風邪の対処法。アーユルヴェーダ的3つのポイント

001

晩秋から冬にかけては、徐々に気温が低下し、カラダが冷え

体調を崩しやすくなりますよね。

 

わたしたち女性は、特に手足が冷えが出やすいですし、

乾燥や便秘、肩こり、腰痛など

カラダに不調がでやすくなりますが・・・

 

あなたは大丈夫ですか?

 

年末にかけて、お仕事も忙しくなりますし、

体力的にも無理しがちな時期ですよね。

 

風邪にも気をつけたいところです。

 

 

大手エアコンメーカによる調査では

1年間に風邪を引く回数は、

首都圏で平均4.3回なのだとか!!

(大阪圏で3.7回)

※ Daiwa HP 参考

 

 

そこで今回は、インドの伝統医学、アーユルヴェーダ的

“ 風邪を早く治したい人必見!”

風邪をカラダの内側から根本的に対処する方法をご紹介します!

 

002

 

3000年以上も前から伝わる

インド伝統療法として

 

現代のような

西洋医学のお薬がなかった時代に、

 

どのようなものが

「お薬」として使われていたのか?!

 

003

 

 

自然の力を使って

カラダの治癒力を高める療法として

 

アーユルヴェーダ的

ナチュラルなケア法として伝わっている方法があります。

 

 

 

 

 

アーユルヴェーダでは

風邪の症状により、

タイプ別で分類して考えています。

 

 

*ヴァータ性の風邪症状

鼻づまり、水っぽい鼻水が出る、くしゃみ頻発、声枯れ、喉の乾燥

 

*ピッタ性の風邪症状

黄色く熱っぽい鼻水が出る、灼熱感、しょうすい、顔面蒼白、喉の渇き

 

*カパ性性の風邪症状

白く冷性の鼻水が出る、目の腫れ、頭部の鈍痛感、頭、喉、口蓋の痒み

 

 

 

 

アーユルヴェーダ的カゼの効果な3ポイント対処法とは?

 

1、熱があるときは、

  お白湯で水分補給をしっかりしながら、

  24時間は断食(絶食)する。

 

2、その後、熱がひいたら

  重湯、お粥など軽いものを食べるようにする。

 

3、脂肪や消化に重いもの摂取を控え

  消化力(アグニ)を高めて

  未消化物・毒素(アーマ)を消化するようにする。

 

 

アーユルヴェーダ的オススメの内服薬とは?

004

 

何と言っても、これ!

『ショウガ』を薬として用いることです!

 

 

アーユルヴェーダで、ショウガ

 

偉大な薬

万能薬

 

と呼ばれていてお薬として頻繁に使われています。

 

ショウガ湯にして飲んだり

 

ショウガの粉末+はちみつ を摂ることがオススメです♪

 

 

■その他のおすすめプチレシピ*

 

声の症状には…

甘草+黒こしょうの粉末(1:1)

 

頭痛の症状には…

甘草+黒こしょう+カルダモン

 

 

これらを、お湯に溶かして飲むことで、

自然の力を活かしたお薬に大変身です。

 

 

ショウガの持つ

体を温めるという温性の性質は

風邪の原因ともなる

冷え にとても効果的です。

 

 

(アーユルヴェーダ的解説:

生姜はヴァータとカパの双方に

共通してある冷性を緩和する!)

 

 

 

アーユルヴェーダ的カゼを撃退!生活法と食事法

 

風邪をひいたときは、摂る食事や過ごし方がとても大切です!

 

アーユルヴェーダでは、とにかく身体の内側のエネルギーを高めて、自らの治癒力で快復ことに意識を向けます。

 

 

★おすすめの過ごし方★

  • うがいをする
  • お部屋の窓を開けっ放しにしない
  • 消化に軽い食事を心がける
  • 温かいお湯(お白湯)を飲む
  • カラダが冷えないように意識する

 

オススメ食材

  • ムング豆
  • 古米
  • ニガウリ
  • 大根
  • にんにく
  • トリカトゥ(ショウガ・黒コショウ・長コショウ)

 

避けた方が良いこと

  • 消化に重いもの(揚げ物など脂っこいものなど)
  • 冷水(冷たい飲食物)
  • 食べ合わせの悪いもの(ヨーグルトと果物など)
  • 極端に脂肪のない食事(シリアルなどパサパサするもの)
  • 自然的衝動を抑圧すること(便意・尿意など)
  • 髪を洗うこと

まとめ

  • 『風邪』の症状により、タイプ別に分類して、症状に合わせて対処する
  • アーユルヴェーダ的カゼの効果な3ポイントを意識して対処する
  • オススメの内服薬・万能のお薬『ショウガ』を活用する!
  • アーユルヴェーダ的にオススメな生活法や食材、避けた方がよいことなど、カラダの症状を意識すること 

 

風邪というと軽く

考えがえられがちなのですが

 

「風邪は万病のもと」

言われているとおり

 

もし、風邪だと思って

ケアをしていても症状がなかなか

治らないというときは、

 

他の病気の可能性もあるので、

その場合は病院で検査をされてくださいね。

今までのわたしの体質診断のノウハウを入門テキストとして ギュギュっとまとめて、しかも無料で配布することにしました。『あなたの体質を診断してみませんか?』

はじめての方でもわかりやすく!をテーマに、「《入門編》アーユルヴェーダ・パーソナリティ体質論総まとめ教科書」を執筆しました。 日頃のあなた自身が元気にイキイキと生きられるようになるヒントが沢山ちりばめられていますので、ぜひ【無料】でプレゼント中の今のうちに読んでおいてくださいね。
ayurveda_type

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です